車のキズ修理は保険を使うべき?│光市 鈑金塗装

サブページメイン画像

  • HOME
  • 鈑金塗装
  • 車のキズ修理は保険を使うべき?│光市 鈑金塗装

車のキズ修理は保険を使うべき?│光市 鈑金塗装

 車の傷修理は保険を使うか否か

車を運転していると「縁石で擦ってしまった」「バックの際にぶつけてしまった」などの経験をしたことがある方もいらっしゃると思います。

また、ぶつけていなくとも、走行中の砂埃や飛び石などによって知らないうちに傷がついてしまうことも。

車両保険に加入している方であれば、車両保険で直そうと思われる方も多いのではないでしょうか。
ですが、傷の種類や程度によっては、保険を使わず自費で修理をした方が長い目で見るとお得な場合があります。

今回は車の傷修理に車両保険を使うべきかについて、ご説明いたします。

 車両保険を使える傷について

エコノミータイプの車両保険
エコノミータイプの車両保険では、下記のような傷修理であれば修理費用が補償されます。

・車やバイクとの事故の傷
・火災、台風、洪水などの自然災害の被害
・盗難、いたずら、落書きなどの傷
・窓ガラスの破損

一般タイプの車両保険
一般タイプの車両保険では、上記に加えて下記の内容でも修理費用が補償されます。

・自動車との衝突や接触での傷
・電柱や建物との衝突
・当て逃げ
・転覆や墜落

 車両保険で傷修理を行うと、1等級下がって保険料が上がる

車両保険の保険料算定の基準の1つに「等級」があることはご存知の方も多いと思います。

保険契約者の事故実績に基づき、1等級~20等級まで20段階に区分されます。1~3等級は保険料を割り増し4~20等級は保険料を割り引きされるというシステム。そのため、等級が下がるほど保険料は高くなります

例えば傷修理の際に車両保険を使った場合1等級下がり翌年からの保険料が上がります

初めて車両保険に加入する人は6等級からスタートし、事故を起こさなければ、毎年1等級ずつ上がっていきます。ですが、事故を起こすと、1事故につき翌年から3等級下がります

 小さい傷であれば、車両保険は使わない方がいい

上記の通り、保険を使うと等級が下がることで翌年からの保険料が上がります

そのため細かい傷やへこみの場合、自費で修理した方が結果的に安上がりになるケースがほとんど。また、何度も保険を使うと等級がどんどん下がり、次回の保険更新時に保険を引き受けてもらえなくなる可能性もあります。

 山口県光市で輸入車の鈑金塗装(キズ・ヘコミ修理)は、有限会社 オートハンズにお任せください

オートハンズは、山口県光市でトップの輸入車修理実績を誇る指定整備工場

ベンツ・BMW・アウディ・フォルクスワーゲン・MINI(ミニ)・プジョーなど、幅広い輸入車メーカーの鈑金塗装(キズ・ヘコミ修理)に対応いたします。国産車もオールメーカーお任せください。輸入車の鈑金塗装歴30年以上のベテラン職人による、プロ仕上げの鈑金塗装をご提供いたします。

光市だけでなく、下松市、田布施町、柳井市、平生町にお住まいの方もお気軽にお問合せください。

>>鈑金塗装のお見積りはこちら

無料のご相談はこちらからお気軽に

  山口県光市で輸入車の修理・車検は、有限会社オートハンズにお任せください

オートハンズは、山口県光市でトップの輸入車修理実績を誇る指定整備工場。ベンツ・BMW・アウディ・フォルクスワーゲン・MINI(ミニ)・プジョーなど、幅広い輸入車メーカーの修理・車検・鈑金塗装(キズ・ヘコミ修理)に対応いたします。国産車もオールメーカーお任せください。

光市だけでなく、下松市、田布施町、柳井市、平生町の方もお気軽にお問合せください。

TEL.0820-48-3000

お問合せフォームはこちら

カートに
入れる
気になる
お電話
お問合せ
LINE